100均『 ライトニングケーブル 2in1 』 絶対に持っておきたい1本!

ここ数日、ぼく、ずっとダイソーに通い続けてたんですよね。

『 ライトニングケーブル 』欲しさに。。

でも、いつも売り切れていて、、

「なんでやねん。」

と、つぶやきながら帰路につくことを繰り返し、

ついに本日、ライトニングケーブルを発見いたしました。

そして、よくよく見ると、このケーブル新型でした。

ダイソーのケーブルは安いし、使いやすいしということで非常に人気みたいです。

ということで、今回の記事ではこの新型ケーブルのご紹介を行いたいと思います。

2in1

 

こちらのケーブルのすばらしい所は、2in1というところ。

つまり、micro-Bと、ライトニングどちらのデバイスの充電にも対応しています。

AndroidとiPhoneの両方を所有していても、充電に関してはこれ一本でこと足りてしまいます。

モバイルバッテリーの充電もできますし、利便性半端じゃないですよね。

自分がiPhoneを愛用していて、友人はAndroidというライバル的な関係下でも、充電ケーブルだけはシェアできるという。

正に、「昨日の敵は今日の友」というシチュエーションに対応できる。そんなケーブルです。

すごくないですか?これ。

 

充電・通信ケーブル

 

そしてこちらのケーブル、データの通信にも対応しています。

上の写真はこれまでのケーブルと新型との比較ですが、新型の方には「通信」との表記があります。

iPhoneとiTunesの同期、対応してます。

同期できずに友人が嘆いている場合、スッとこのケーブルを差し出せれば自分のイメージアップはまず間違い無いでしょう。

 

平たい形状

 

これは開封の儀を終えてすぐに気がついたのですが、今回の新型ケーブルは形状が平たいです。

 

 

これまでのバージョンと見比べると一目両全かと思います。

幅は6.5ミリほどです。

この変化によって、これまでよりさらに「タフネスさが増しているのでは」とぼくはにらんでいます。

 

片面充電

 

コネクター部分は変わらず片面仕様です。

ぼくの場合、充電したつもりが実際はされていなかったパターンがたまにあるので、これは改善してほしいポイントでもありました。

 

使用感

充電に関しては問題なくできています。

 

 

iPhoneの充電はもちろん。

 

 

micro-Bのモバイルバッテリーも完璧に充電できます。

唯一気になったところは、ぼくが使っているiPhoneケースと若干ですが干渉している感が否めないというところです。

このケースは以前『 ダイソー『 iPhone X ケース 』レビュー 』にて紹介したiPhoneケースですが、充電自体はされているものの、若干挿さりきっていない感じがあります。

「もう少し厚みのあるケースを使用していたら充電できないのでは?」という懸念が少しあります。

 

おわりに

今回の新型ケーブルでの2in1化はかなりの革新であると、ぼくは感じています。

これまでは、デバイスの端子を統一できない以上、数種類のケーブルを持ち歩くことは当然であると考えてきましたが、この新型ケーブルのおかげでそのケーブルの種類を1つ減らせるのは本当にありがたいと感じています。

予想以上の楽さから、「USB-Cを加えた3in1が欲しい」との欲がでてきているほどです。

そして、ダイソーさん、今後もよろしくお願いします。