楽しいを発掘する。

新型 AirPods Pro は想像以上の仕上がりでした。

2019.10.312019.10.30イヤホン

Apple製品と言えばiPhone や Mac に iPad にと人気の製品ばかりが思い浮かびますが、中でも最近話題となっていた AirPods Pro がついに先日発売されましたー。

 

ぼく自身も第一世代の AirPods を長年愛用しきたわけですが、それの寿命が間近の中の間近というのもあり、もはや息を吸うかのごとく購入を決めてしまいました。

第一世代の完成度がめちゃめちゃ高かったので躊躇することなく買えたというのはもちろんありますが、今回からは新機能が追加されたというのがやっぱり大きな理由になったかと思います。

 

とまあ、前書きはこの辺りにして、早速手元に品物が届いたので、その使用感や魅力につい書いていこうかと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 (2019/12/13 18:12:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

開封の儀

 

A9E487A4-3285-47BF-81B3-EE42C0D0026F

 

まずは手短にお約束の開封の儀を行なっていきます。

箱はいつも通りシンプルで安定した感じ。

 

巷では見た目がドライヤーなんて言われているAirPods Pro ですが、このドライヤーに胸の高鳴りを抑えきれない自分がいるのはここだけの話。

 

17047927-4243-4A48-940B-6150BA0B233F

 

もちろん説明書もいつものやつです。

 

C8AEF60D-32EF-4669-90A5-583F2A1FB567

 

ちなみに今回から付属のケーブルがUSB Type-C to Lightning のモノになったので、これを使って充電をするためには、それに対応する充電アダプターも必要になってきます。

とはいえ、従来のiPhoneに付属されているケーブルも使えるので、さして問題はないかと思います。

 

651F5B8C-3334-48D9-B9B8-C4E6FD17F225

 

そして、待望の AirPods Pro こちら。

これまでのAirPods よりもケースが若干横長になりました。

 

4A939396-6831-466D-BFDE-B6B88A93B8F1

 

イヤホンも見方によっては確かにドライヤー。

でもそれが逆に愛くるしくもあります。

 

 

Airpods Proはここが違う

 

ノイズキャンセリングと外音取り込み機能

 

5E45A710-4B0C-478E-8009-805C7D30B03A

 

おそらく今回AirPods Pro を購入するであろう人の大半がノイズキャンセリングに惹かれることになるかと思いますが、実際にぼくもその機能をためして見た所、コンパクトな見た目とは裏腹に、しっかりと周囲の騒音がカットされていて、正直驚いたというのが本音でした。

ノイキャンとは反対の外音取り込み機能もしっかりと動作していて、感覚としてはこれまでのAirPods装着時と同程度の外音が耳に伝わってきました。

 

耳へのフィット感がアップ

 

9A78BB20-E200-4C1E-A366-BC48EFE54EC2

 

イヤホン自体の構造もインナーイヤー型からカナル型に変わったので、耳へのフィット感もかなり向上しました。

反対に、カナル型になったことで外音がシャットアウトされると、路上などではちょっと危険なのでは?という懸念もあったのですが、そのような場合は外音取り込み機能を使うことでこれまでのAirPodsと同程度の外音を取り込むことができるので、外出時でも安心して使うことができます。

 

感圧センサーで曲送りが可能

 

1B52D791-08F3-4CA6-8BDD-99DD33075CC0

 

これまでのAirPodsではイヤホンを軽く叩いて曲の再生や停止をするのが当たり前でしたが、今回からはイヤホン正面に搭載された感圧センサー使用して曲のコントロールをすることになりました。

ワンタップで再生と停止、ツータップで曲おくり、長押しでノイキャンと外音取り込みの切り替えといった感じです。

またSiriを割り当てることもできます。

 

内臓チップのおかげで爆速

 

 

4C837093-603F-4041-A7AB-5085D30AC97B

 

内臓チップもアップデートされたので、接続や切り替えも明らかに速くなっています。

ぼくの場合は第一世代のAirPodsから買い換えたというのもあるせいか、その速度の違いは明らかでした。

特に Mac や iPad  、 iPhone などでAirPodsを切り替えて使用する場合だと、これまではうまく接続されないこともあったりして、やや不自由を感じることもあったのですが、今回からはそのようなことも無くなったので、この辺りも嬉しいポイントのひとつとなっています。

 

音質が向上した

また、気になる音質をこれまでのAirPodsと比較した感じでも、明らかにそのレベルは向上しているかと思います。

高音のシャリシャリ感がよく聴こえたりするのも含めて、全体的に解像度が増している印象を受けました。

耳自体にイヤホンがフィットしたことで低音の圧力も増していて、ぼくの中ではかなり満足のいく内容となっていました。

ただ、イヤホン自体の価格が約3万円ほどしていて、この価格帯となるとどのメーカーもかなり本気の製品をだしているので音質だけで言えばもっと良いのがあるのは確かかと思います。

 

 

ノイキャンのレベルが高かった。

 

2CCB62E2-E204-4C7D-BCF0-C918430ED02C

 

そして気になるのがノイズキャンセリン機能です。

ぼくの場合は今手元にある他のノイキャンの製品がSONY から出ている WH1000-XM3 しかないので、こちらと比較してみました。

結論から言うと、さすがにXM3ほどのノイキャン機能はないものの、そこに匹敵するモノはあるかと思います。

特に常時出ている騒音に対してはかなり良い感じにキャンセル機能が働いていて、電車の中などではその効果は圧倒的でした。

街中で着けたり外したりしてもその音の差は歴然なので、おそらく AirPods で初めてノイキャンを体感する方は驚かれるのではないかと思います。

 

 

買ってよかった

 

1EDCC310-3C60-45DF-B94F-A3D55489516F

 

最終的にこの三万円もする高価格のイヤホンを買って良かったのかどうかと問われれば、買って正解だったというのが今回の結論になりました。

音質やノイキャンなどの一点だけに拘るのであればこれを凌駕するイヤホンやヘッドホンはあるかと思いますが、Apple製品との相性の良さや、高精度のノイキャン、音質やサイズ感などを総合的に的に判断すると、程よくバランスが取れているというのは紛れも無い事実なので、満足のいく結果になったかと思います。

 

 

おわりに

 

4C2EBD5E-90E7-4A55-89F9-0CC0BA1DC436

 

こんな感じでAirPods Pro のレビューをしてみました。

今回は話題のノイキャンなどに注目したので

wireless充電や共有機能などには触れることができませんでしたが、AirPods が優れていることに変わりはないので、この記事を見て気になると思った方は是非実店舗などで製品に触れてみることをおすすめします。

また付属品などを購入した際にはそちらもレビューしてみようかと思います。

それではー。

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 (2019/12/13 18:12:56時点 Amazon調べ-詳細)

Post image for Facebook Like