「iPad で使える」格安USB-C アダプターのご紹介

この記事は「とりあえずiPadで外部ストレージにアクセスしたい!」という方のための記事です。

「とにかく高速で大容量のファイルを移したい!」という方は『iPadの容量不足でお困りのあなた。その問題、格安SSDで解決できます』の記事と下のSSDをオススメいたします。

iPadをパソコンみたいに使いたい!」そんな風にお考えの方は多いかと思います。

ぼくもその一人で、iPad OS に惹かれて11インチのiPad Pro を購入した一人でもありあます。

iPad OSと言えばファイルの管理がしやすいというのがその魅力の一つで、USBやmicroSD、HDDなど、多くの外部ストレージを扱うことができます。

一昔前から考えると、出先で撮った動画や写真などもササっと移して編集・共有できるなんて、夢みたいですよね。

早速その便利な機能を体感するべく、「まずはUSBメモリーでも挿してみるか」というわけですが、ここで問題がひとつ、、、

端子が合わずにUSBメモリーが挿さらない。。。

6EB98559-27D1-4C39-B24C-AFB4016354D9

 

そうです。iPadUSB-AmicroSDなどを使用する場合には端子を変換してやる必要があります。

一部のiPadPro,Air)にはUSB-Cポートが付いているので、それに限っては変換の必要はありませんが、いずれにせよ、多くの外部ストレージを使用するためには変換の必要があります。

ということで、今回は手軽に揃えられるUSB-A to Cの変換アダプターと、micro SDのアダプターを格安にて仕入れてきましたので、そちらのレビューをしていこうと思います。

 

3種類のアダプター

 

9335E11A-3BA4-480A-9DDB-99FD52AE59D4

今回は3種類のアイテムを購入してきました。

購入したモノ

  • USB-C to A変換アダプター USB2.0(白、セリア製)
  • USB-C to A変換アダプター USB3.0(黒、Amazonにて購入)
  • メモリーカード用アダプター(ダイソー製)
100円ショップのセリアで購入してきたUSB-C to A 変換アダプター(USB2.0)と、アマゾンで3個セットの C to A アダプター(USB3.0)。

そして、USBメモリだけでなく、micro SD のファイルにもアクセスするためにダイソーのメモリーカード用アダプターもあわせて購入してきました。

USB type-C 自体が比較的新しい規格というのもあって「さすがに100均では買えないのではないか?」と考えていたのですが、そんな思いとは裏腹に余裕で売られていたのには正直驚きました。

FBA1170E-9D4A-4FF1-89C2-8A823CE68D64

 

 

使用感

てことで早速使用感について触れていこうと思います。

結論から言うと、速度はあまり速くなく、大容量のファイルを扱うのはやや厳しいかなという感じ。

 

usbアダプタ

 

5F93F8A6-A2E8-4C0C-BA9E-2DA5DBB16279

 

サイズはどちらもコンパクトで持ち運びは容易です。

 

4FE43F25-A4A8-415E-BDBF-671B70CC4C08

ファイルの読み込み

気になるのがファイルの転送速度ですが、USB内に保存されていた、200MBほどの動画を5秒ぐらいでiPad内に取り込むことができました。

写真ではUSBメモリを接続していますが、代わりにハードディスクを接続しても、同じように使用することができました。

D8BDD86A-FD0D-4687-88FD-0ED771B6F072

ファイルの書き出し

そして、ここからが問題なのですが「ファイルの書き出しはちょっと難しいかな」という印象を受けました。

と言うのも、iPad内の動画を何度かUSBメモリーに移そうと試みたのですが、いずれも時間がかかりすぎてしまい、実用性には欠けるかなという感じ。。。

約200MBのファイル移動に45秒ぐらいを要しました。

今回使用したUSBは3.0対応のモノで、Amazonで購入したアダプターも3.0対応のはずなのですが、なぜかセリアの2.0のモノと比べても大きな速度の変化が見られず、ちょっとよくわからない結果です。

 

 

SDカードリーダー

 

E910D837-F80D-4C6A-BB6F-5E38C6F3613B

 

こちらもデータの転送に関しては先ほどのアダプターの検証時と同様、速度に関してはあまり期待できないので、比較的小さいファイルの仕様に限定した方が良さそうです。

ワードやエクセルなどのドキュメントファイルは問題なく扱えました。

 

 

おわりに

 

5356D0A2-7529-4F48-9B4E-AAF1F89AE43E

 

今回はアダプター関連のアイテムを2種類ご紹介してみました。
結果的には何とも言えない微妙な感じになってしまいましたが、いずれも100円ショップで入手することができるアイテムなので、何かの時のために一つ持っておくのはありかと思います。

ただし、書き込みが満足にできないというデメリットがあることは事実なので、外部ストレージを本格的に使いたいのであればUSB3.1 Gen2のSSDの使用が望ましいと思います。

USB3.1 Gen2のSSDはとにかく高速でデータのやり取りができるので、興味をお持ちの方は『iPadの容量不足でお困りのあなた。その問題、格安SSDで解決できます。』の記事も合わせてお読み頂けると嬉しいです。

という感じで今回はここまでです。
それではーー。