iPad のための格安USB-C アダプターの紹介

ちょっと前に、待ちに待った iPad OS がリリースされました。

そして有難いことに、ぼくが現在使っているiPad Pro 11インチもアップデートの対象となっており、良い感じにパワーアップされました!!

 

ということで、早速その新しい機能を体感するべく、まずはUSBメモリーでも挿してみるかと思い立ったわけですが、いざ挿そうとすると、、、

端子が合わずにUSBメモリーが挿さらない。。。

 

6EB98559-27D1-4C39-B24C-AFB4016354D9

 

iPad好きからすれば端子が違うことなんて当たり前のことですし、「そんなこと考えるまでもなくわかりますやん!?」って話なんですが、それにすら気づいていないアホさがここで露呈してしまいました。

と、そんなことがありつつも、USBメモリやハードディスク、micro-SDなんかをiPadにぶっ挿して、あらゆるファイルにアクセスしたいという気持ちに変わりはないんで、とりあえず手軽に揃えられるUSB-A to Cの変換アダプターと、Micro SDのアダプターを格安にて仕入れてきました。

ただ、色々使ってみた結果、変換アダプターも安けりゃ良いというわけでもないことがわかったんで、今回はその辺も合わせて、レビューをしてみようと思います。

 

 

紹介するアダプターは二種類

 

9335E11A-3BA4-480A-9DDB-99FD52AE59D4

 

100均で有名なセリアにて購入してきたUSB-C to A 変換アダプターと、その価格をさらに凌駕するアマゾンで三個入りだった C to A アダプター。

そして、USBメモリだけでなく、Micro SD のファイルにもアクセスするためにダイソーのメモリーカード用アダプターもあわせて購入してきました。

USB type-C 自体が比較的あたらしい規格というのもあって、さすがに100均では買えないのではないかと考えていたのですが、そんな思いとは裏原に余裕で売られていたのには正直驚きを隠せませんでした。

FBA1170E-9D4A-4FF1-89C2-8A823CE68D64

 

さらに言うなら、それよりもっと低価格で売られているのをAmazonで発見した時は心臓が飛び出ました。。

 

 

使用感

てことでいつもの気になる使用感コーナーに入っていこうと思います。

先にネタバレしておくと、今回はなんとも言えない微妙な感じでした。

 

usbアダプタ

 

5F93F8A6-A2E8-4C0C-BA9E-2DA5DBB16279

 

サイズはどちらもコンパクトで持ち運びは容易です。

写真や文書などのファイルへのアクセスは特に問題は無く、動画の読み込みも決してスムーズではないが、「まあ再生はできる」というレベル。

 

4FE43F25-A4A8-415E-BDBF-671B70CC4C08

 

写真ではUSBメモリを接続していますが、代わりにハードディスクを接続しても、同じように使用することができました。

また、USB内に保存されていた5分ほどの長さの動画(以前iPhoneで撮影したもの)を約5秒ぐらいでiPhone内に取り込むことができました。。

 

D8BDD86A-FD0D-4687-88FD-0ED771B6F072

 

そして、ここからが問題なのですが、結果から言うと、ファイルの書き込みはちょっと難しいかなという感じです。

と言うのも、iPad内の動画を何度かUSBメモリーに移そうと試みたのですが、いずれも時間がかかりすぎてしまい、実用性には欠けるかなというい感じ。。。

具体的に言うと、先ほど約5秒ほどで取り込んだ動画をUSBに書き込もうとした所、約3分ぐらいかかってしまいました。。。

また、個体差があるのかなとも思い、一応全てのアダプターで動画の移動を試みましたが、いずれの場合も同様の結果となり、これが30分クラスの動画とかになってしまうと、最早お手上げですね。

まあ価格のことを考えれば、USBメモリのファイルにアクセスできるだけありがたいので、それ以上は求めない方が良さそうです。

 

micro SD

 

E910D837-F80D-4C6A-BB6F-5E38C6F3613B

 

こちらもデータの転送に関しては先ほどのアダプターの検証時と同様、読み込みはできるが書き込みは厳しめという結果に終わりました。

ただしパソコンに接続した際には動画の読み書きを始め、写真などのファイルの転送もできたので、そちらで使う分にはなんの問題もなさそうです。

 

 

おわりに

 

5356D0A2-7529-4F48-9B4E-AAF1F89AE43E

 

今回はアダプター関連のアイテムを2種類ご紹介してみました。
結果的には何とも言えない微妙な感じになってしまいましたが、いずれも100円ショップで入手することができるアイテムなので、何かの時のために一つ持っておいても損はないかと思われます。

 

ただし、書き込みが満足にできないというデメリットがあることは事実なので、今回の結果を契機に、USBハブが欲しくなっている自分がいたりもします。

ハブがあれば充電しながらHDDにアクセスしてマウスもつけて、みたいなことができるんでちょっと憧れちゃいますよね。

 

とは言え、できることは限られるものの、今回のアダプタ単体でも、外付けHDDやUSBメモリーへのアクセスは可能なんで、もし気になる方は是非100均に足を運んでみてください。それかAmazonでもオッケー。

という感じで今回はここまでです。
それではーー。